ここでは、セキュリティトークン専門の取引所「tZERO」のアカウント(口座)開設方法を説明します。



※「セキュリティトークンって何?」という人は、過去のこちらの記事「セキュリティトークンとは?IPO・ICO・STOの違いとブロックチェーン技術」を参照してください。


tZERO口座開設の前に用意しておくもの


tZEROの口座を開設するにあたっては、事前に準備しておくべきものがいくつかあります。それが、以下になります。

①Google Chromeのブラウザ
②パスポート(表紙の画像と顔写真ページの画像)
③form W-8BEN
④英文の残高証明書

①Google Chromeのブラウザ


これはパソコンでtZEROの口座開設をする際に使用してほしいブラウザです。

現在、Google Chrome以外のブラウザで口座開設作業を進めると、途中で読み込みができずにエラーが出るという事例を耳にしています。したがって、tZERO口座開設作業はGoogle Chromeで進められるように、予めChromeはパソコンにインストールしておきましょう。

②パスポート(表紙の画像と顔写真付きページの画像)


tZEROの口座開設作業の中では、途中でパスポートの「表紙の画像」と「顔写真付きページの画像」をアップロードすることになります。すぐにアップロードできるようにするために、スマホで撮影するかプリンタでスキャンするかして、二つの画像は事前にパソコン内に取り込んでおきましょう。

③Form W-8BEN


これも、tZEROの口座開設作業の中でアップロードする書類です。

アメリカの銀行の口座を開設する日本居住者や、アメリカの株や不動産に投資をしている日本居住者は、常にこの書類の提出が求められます。tZEROはアメリカの取引所なので、私たち日本人はその口座開設の際にはこのForm W-8BENの提出が必要になるのです。

以下にForm W-8BENのダウンロードリンクと記入例を記載しておきます。

Form W-8BENをダウンロード
(自筆のサインを書く欄以外は、遷移したページでそのまま情報を入力することが可能です)

《記入例》

印刷して自筆のサインまで書き込んだものは、スマホで撮影するかプリンタでスキャンするかして、パソコン内に取り込んでおきましょう。

④英文の残高証明書


英文の残高証明書は、ご自身が口座開設している銀行の窓口で発行することが可能です(銀行によっては、発行申請してから手元に届くまで一週間ほどかかることがあります)これも、tZERO口座開設の過程でアップロードすることになります。

提出の目的は「住所確認」なので、銀行の残高はいくらであっても問題ありません。ただ、一つ注意しておくべきこととして、発行申請の際には「自分の住所を英文で記載する旨を窓口の人にしっかりと伝える」ことは忘れないようにしましょう。

窓口で何も言わずに申請用紙だけ提出した場合、残高証明書には住所は記載されずに空欄になってしまうことがあります。住所が記載されていなければ提出書類としては意味をなさないので、発行申請の際にはしっかりと「英文で住所を記載してほしい」旨を伝えて下さい。


上記の4つを全て揃えた段階で、以下の口座開設手順に進んでください。


tZEROアカウント開設手順


それでは、以下ではtZERO口座開設手順を説明します。

まずはGoogle Chromeのブラウザで「tZEROのトップページ」に入り、画面上部の「Token Trading」をクリックします。



そして次の画面の「Create Account」をクリックします。



A【メールアドレスと電話番号の入力】


すると、メールアドレスとパスワードを入力する画面が表示されますので、以下に従って入力とチェックを完了させ、全て済ませたら「Save & Continue」をクリックします。


(※パスワードは必ず「8字以上」で設定し、その中に「大文字・小文字・数字」を全て入れるようにして下さい)


次に、電話番号を入力する画面に移ります。下の画像に従って携帯電話番号を入力をし「Send Code」をクリックして下さい(この後、入力した電話番号宛にSMSが届きますので、携帯電話は手元に置いておいて下さい)



入力を終えると、確認コードを入力する画面が出てきます。先ほど入力した電話番号宛に確認コード(数字6桁)が届きますので、その数字を入力して「Verify SMS Code」をクリックします。



B【個人情報の入力】


次に、個人情報を入力する画面に移ります。

①所有者情報入力《Primary owner》


まずは「Legal Name」の欄にローマ字で名前・苗字を入力し、「Country」の欄はJapanを選択します。そして「Save & Continue」をクリックします。



②個人情報の入力《Personal Information》


すると次に、生年月日や住所を入力する画面が出てきます。以下の画像に従って入力を済ませて下さい。

納税・社会保険番号「Tax ID / SSN」
これはアメリカの納税者番号・社会保障番号になりますが、私たち日本人は持っていないため
「I do not have a US TTN/SSN」(私はアメリカの納税者番号/社会保障番号を持っていません)にチェックを入れます。

生年月日「Date of Birth」
自分の生年月日を「月・日・年(西暦)」の順で入力して下さい。例えば、1990年3月15日であれば、三つの空欄には「3・15・1990」の順に入力します。

国籍「Country of Citizenship」
国籍を選択して下さい。日本の場合は「Japan」を選択します。

婚姻状況「Marital Status」
これは婚姻状況を示すものです。以下のうち自分が当てはまるものを選択します。

・Single「独身」
・Married「既婚」
・Divorced「離婚」
・Widowed「未亡人」

扶養人数「Number of Dependents」
これは自分が扶養している人の数を表すものです。扶養人数を数字で入力します。

③住所の入力《Physical Address》


次は住所の入力です。

下の画像に従って、住所を「英語で」入力して下さい。全て入力したら「Mailing address is same as physical address above」(送り先は上の住所と同じです)にチェックを入れます。



入力・選択を全て終えたら、画面右上にある「Save & Continue」ボタンをクリックします。


C【雇用情報・投資情報の入力】


今度は、職業や投資情報を入力する画面に移ります。この画面に関しては一つ一つ細かく説明しておきましょう。

①雇用情報の入力《Employment Information》


まず「雇用状況」について、次のうち自分が当てはまるものを選択します。

・Employed「会社員」
・Unemployed「失業者」
・Retired「退職者」
・Student「学生」

※Employed(会社員)を入力すると、Employer Name(雇用主名・会社名)とOccupation(職業)を入力する欄が出てきますので、それぞれ英語で入力して下さい。

②投資情報の入力《Investor Information》


次に、投資情報の入力に移ります。

投資経験「Investment Experience」
「投資経験」について、自分が当てはまるものを次のうちから選択します。

・None「経験なし」
・Not Much「あまり経験はない」
・I know what I’m doing「経験あり」
・I’m an Expert「エキスパート」

投資目的「Investment Purpose」
「投資目的」について、自分が当てはまるものを次のうちから選択します。

・Preservation of Capital「資本の保全」
・Income「配当収入」
・Capital appreciation「キャピタルゲイン」
・Speculation「投機」
・Trading Profits「トレード利益」

意思確認「Are you willing to be invested in liquid assets?」
これは「流動資産に投資する意思はありますか?」という質問ですので「Yes」を選択しておけば OKです。

リスク許容度「Risk Tolerance」
「リスク許容度」について、自分が当てはまるものを次のうちから選択します。

・Low:Conservative「リスク低」
・Medium:Moderate「リスク中」
・High:Significant Risk「リスク高」

年収・流動資産「Annual Income/Liquid Net Worth」
自分の Annual Income(年収)とLiquid Net Worth(流動資産)について、それぞれ当てはまるものを選択します。流動資産とは、住宅などの不動産以外の資産です。

※「Trading in some assets is currently restricted to Accredited Investors only」という文が表示されることがありますが、特に問題ありません。これは「現在適格投資家のみに取引が制限されたアセットがあります」という意味です。


③身分証明書のアップロード《Proof of Identity》


ここでは、身分証明書としてパスポートの提出をします。

・「Identification Type」の欄は、Passportを選択
・「ID Number」には、パスポートの旅券番号を入力
・「Place/Country of Issuance」は、Japanを選択
・「Expiration Date」には、パスポートの有効期限を入力
・「Upload Front of ID」には、パスポートの表紙画像をアップロード
・「Upload Back of ID」には、パスポートの顔写真付きページの画像をアップロード

④投資家団体の有無《Investor Association》


ここは全てチェックを入れません。

⑤添付書類の提出《Supporting Documents》


ここで、事前に用意した「form W-8BEN」と「英文の残高証明書」をアップロードします。

右上の「ADD ADDITIONAL DOCUMENT」という青い文字をクリックすると、提出書類を追加できます。

全て終えたら、「Save & Continue」をクリックして下さい。


D【認定区分の選択】


次に、投資家の認定区分を選択する画面に移ります。

自分が適格投資家の認定を受けていない場合は「I am not an accredited investor」(私は適格投資家ではありません)にチェックを入れます。


そして「Save & Continue」をクリックします。


E【最終確認と電子署名】


次に、入力事項の確認画面に移ります。編集したい場合には右上の「EDIT」をクリックすると編集可能です。全て確認し、入力事項に間違いがなければ「Save & Continue」をクリックします。



最後に、電子証明の画面に移ります。ローマ字で自分の名前を入力し、一番下にのチェックを入れて「Submit Application」をクリックします。



すると、次の画面が表示されます。これで必要事項の入力と必要書類の提出は完了です。



一番下の「Done」をクリックすると、アカウントトップページが表示されます。



F【メールアドレス認証】


上のアカウントトップページでは、初めの方に入力したメールアドレスの認証は済んでいないことになっています。なので、ここでその認証も済ませておきましょう。

メールの受信ボックスに「Dinosaur Account Verification」というメールが届いているはずですので、そのメールの「Verify your email address」をクリックして下さい。



するとアカウントトップページにも、先ほどまであった「VERIFY YOUR EMAIL」という項目が出なくなります。


これで、tZERO口座開設にあたってやるべきことは全て完了です。あとはtZERO側の承認を待つだけとなります。


tZEROからの口座開設承認メール


数日経ってtZERO側から口座開設の承認がおりると「Important message from Dinosaur Financial Group」というタイトルのメールが届きます。


メール内には「We noticed that your trading account is active and ready for trading but is lacking funds to conduct trade」というメッセージがあります。これは「あなたの取引口座は有効になり、これで取引できるようになります。あとは実際に取引を行うためには資金を入金するだけです」いった意味合いのメッセージです。

このメールが届いたら、承認は完了ということになります。


実際にアカウントにログインしてみると、次のような画面が表示されます。


「DEPOSIT MONEY」という表記が出てきます。これで、この口座に実際に入金をして取引をすることが可能になります。