ここでは、日本の仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」に日本円を入金する際の注意点をお伝えします。

ビットフライヤーに限らず、基本的に日本の取引所で仮想通貨を購入する際には、まずは日本円を自分のアカウントに入金する必要があります。その入金した日本円で、ビットコイン等の仮想通貨を購入することになります。

(例外としてクレジットカードで購入する方法もありますが、それについても後ほど少し触れます)


そして、その日本円を入金するにあたっては、事前にいくつか注意しておくべき点があります。実は、これを知らないことによって、思わぬ不利益を被ってしまう可能性があるのです。

「日本円の入金にはどんな手段があるのか」
「自分の利用用途からすると、どのような入金方法が望ましいのか」

これについて、今回はしっかりと理解しておいてほしいと思います。

※なお、ビットフライヤーのアカウントをまだ作成していない場合は、まずは以下の記事を参考にしてアカウント登録・口座開設を済ませてください。

⇒ビットフライヤーの登録方法はこちら

上の記事では、登録に必要な本人確認書類やその提出方法も含めてすべて解説してありますので、この記事だけで口座開設は完璧に済ませることができます。


それでは、ビットフライヤーでの日本円入金方法とその注意点を説明していきましょう。


bitFlyerでの日本円の入金方法


ビットフライヤーのアカウントを作成したら、仮想通貨を購入するために、早速日本円を入金することになります。

入金するには、まずはアカウントにログインした状態で、左サイドバーの「入出金」をクリックします。すると以下のように、上部にいくつか項目が出てきます。この中の青枠で囲った「クイック入金」と「日本円ご入金」のどちらかの項目を使って、日本円を入金することになります。



「クイック入金」とは


「クイック入金」とは、その名の通り、いつでも素早く入金を反映することができる方法です。具体的な入金手段としては「インターネットバンキングで入金」「銀行ATMからPay-easyで入金」「コンビニから入金」があります。


このクイック入金は、銀行の営業日に関係なく(土日祝日でも)24時間いつでも入金が可能です。そういった意味では、非常に魅力的な入金手段と言えます。

これによって、仮にビットフライヤーでコインを買いたいと思ったのが金曜夜だったとしても、次の平日が来るのを待つことなく、思い立ったその日その時にすぐに入金をしてコインを購入することができるからです。


・・・・ただし・・・・


このクイック入金を利用する場合は、絶対に覚えておくべき注意事項が一つあります。それは「クイック入金で入れた日本円に相当する額の資産は、7日間は他の取引所やウォレットに送金することができない」ということです。

つまり、クイック入金した日本円ですぐにコインを購入することはできるのですが、そのコインは、7日間はビットフライヤーから別の場所に移動させることができないのです。

したがって、例えば「ビットコイン購入してその後すぐに海外取引所に移したい(購入したビットコインで海外取引所の通貨を購入したい)」といった場合は、クイック入金はオススメできません。素早く日本円を入金してビットコインを買ったところで、そのビットコインは一週間ビットフライヤーから身動きが取れないからです。

クイック入金をする際は、この点に気をつけておきましょう。

このクイック入金は「そこの取り扱い通貨を今すぐに購入したい。そして購入した通貨は一週間は別の場所に移す予定はない」という場合におすすめの手段になります。


「日本円ご入金」とは


一方、「日本円ご入金」という項目では、ビットフライヤーが指定する銀行口座に振り込みという形で入金することになります。

実際に「日本円ご入金」をクリックすると、以下のように指定された銀行名が表示されます。ここの「詳細」をクリックすると、それぞれ振込先の口座番号や名義が表示されます。


これは銀行への振込という形なので、基本的に銀行の営業時間外に振り込みをしても、それが反映されるのは次の営業日・営業時間になってからになります。つまり、次の営業日にならなければ入金が反映されず、それまではそこの通貨も購入できないのです。

したがって、例えば金曜の夜に振込をしても、それが反映されるのは月曜の朝(月曜が祝日の場合は火曜の朝)になってしまいます。タイミングによっては入金が反映されるまでに数日がかかるという点では、これはデメリットと言えます。

(反映されるまでの間に、購入したい通貨の価格が上がってしまう可能性もありますので)


なお、この記事の執筆時点で、ビットフライヤーが指定する振込先の銀行は「三井住友銀行」と「住信SBIネット銀行」です。

どちらを選択しても(多少時間はかかれど)当然問題なく入金は反映されますが、個人的には住信SBIネット銀行の方が反映が早い感じるので、どちらかといえば住信SBIの方がおすすめです。

さらに、自分の振込元の口座も「住信SBIネット銀行」であれば、同一ネット銀行間での取引なので土日祝日でも24時間振込が反映されます。

つまりこの場合、思い立ったのが金曜夜でも、すぐに日本円を入金をしてすぐにコインを購入することができます。そして、購入したコインをすぐに海外取引所などに送金することも、この場合は可能なのです

したがって、住信SBIネット銀行の個人口座を持っていれば、そこから日本円の振込をするのが個人的には最もおすすめな入金方法になります。


クレジットカードで購入する場合


冒頭でも少し触れましたが、ビットフライヤーでは、日本円を入金しなくてもクレジットカードを利用すれば、そこの仮想通貨を購入することはできます。

左サイドバーの「クレジットカードで買う」という欄をクリックすると、以下の画面が表示されます。この画面から直接コインを購入することもできます。


ただしこの場合にも、クイック入金と同様の送金制限があります。

クレジットカードで通貨を購入した場合も、その通貨は7日間外部に移動することはできません。したがって、海外取引所の通貨をすぐに購入したいという場合は、このクレジットカードの利用はオススメできません。

クイック入金と同じように「ビットフライヤー取り扱い通貨をすぐに購入したい。そして購入した通貨は7日間は移動させる予定はない」という場合に利用すべきものになります。



以下、簡単にまとめておくと、以下のようになります。

《クイック入金》
銀行の営業時間帯に関係なく、自分アカウントにすぐに入金が反映されるので、すぐに買いたいコインを購入することはできる。しかし、入金した額に相当する資産は、入金から7日間(168時間)は外部に送金できない。

《銀行振込》
振込をしてから入金が反映されるまでに時間がかかる(振込のタイミングによっては数日かかる)ことがあるが、入金された額の資産に送金の制限はない。
(住信SBIネット銀行からの振込であれば、24時間いつでも入金が反映されるので時間がかからず、さらに送金制限もない)←※最もおすすめ

《クレジットカードで直購入》
日本円入金のプロセスを介さずすぐに通貨を購入できるが、購入した通貨は7日間外部に送金することができない。


それぞれの手段にメリット・デメリットはありますので、自分の利用用途によって使い分けるようして下さい。

また、通貨を買いたい時にすぐに買えるようにするために「取引所にあらかじめ余分に日本円を入金しておく」という手段を思いつく人がいるかもしれませんが、個人的にはそのやり方はオススメはしません。

なぜなら、仮想通貨取引所は常にハッキング被害にあうリスクを伴っているからです。

仮想通貨取引所は、インターネットを経由して資産の売買がなされる場所という点で、常に世界中の悪質ハッカーの標的の的となります。もちろん、取引所もそれを見越してセキュリティ対策を施してはいると思いますが、それでもハッキングの被害にあってしまう可能性は十分にあるのです。

そのような場所にむやみにお金を預けていると、仮にその取引所がハッキングにあってしまった時に、預けていたお金が戻ってこなくなってしまう可能性があります。

取引所というのは、あくまで取引をする場所であって、長期間資産を置いておくべき場所ではありません。したがって、取引所にあらかじめ余分に日本円を預けておくというのは、個人的にはオススメしない手段です。


それでは、日本円の入金を済ませたら、次はその日本円を使って実際にビットコインを購入してみましょう。

⇒ビットフライヤーでのビットコイン購入方法はこちら