今回は、日本でビットコイン取引高が最も多い仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」での、ビットコイン購入方法とアルトコイン購入の際の注意点を解説します。

「ビットコイン販売所での購入方法」
「ビットコイン取引所での購入方法」
「アルトコインを安く買う方法」

この記事では、上記三つをしっかりと押さえてほしいと思います。

※なお、ビットフライヤーの口座開設及び日本円入金がまだ済んでいない場合は、まずは以下の記事を参考に、口座開設と入金を済ませておいてください。

A. ビットフライヤーの登録方法
B. ビットフライヤーでの日本円入金方法と注意点

上のA・Bともに終えた段階で、ビットコインを購入することができるようになります。


それでは早速、ビットフライヤーでのビットコイン購入方法から説明していきましょう。


bitFlyerでのビットコイン購入方法


ビットフライヤーのアカウントに日本円(JPY)を入金したら、その日本円でビットコインを購入することができます。

ログイン画面の左サイドバーに「ビットコイン販売所」と「ビットコイン取引所」という欄があるのがわかると思います。



ビットコインを「販売所で購入する」か「取引所で購入する」か、ビットフライヤーでのビットコイン購入方法は、この二種類になります。


ビットコイン販売所


ビットコイン販売所では、ビットフライヤー社が確保しているビットコインを購入することになります。この購入方法では、ビットフライヤーがあらかじめ販売用のビットコインを用意してくれているため、すぐに購入を完了させることができます。

下の画面は、販売所で購入する際の画面になります。ビットフライヤー社が定めた販売価格が画面に提示されているので、その価格でビットコインを購入することになります。


(操作方法は画面に記している通りです。購入したBTCの数量を入力すると、それに合わせて必要な金額が日本円で表示されます)


ビットコイン販売所での購入では、取引所のように「売り板を見ながら価格を設定して注文を出す」という行為は不要なので、なかなか取引きが成立しない(約定しない)ということはありません。いつでも簡単に・すぐに購入を完了させられるので、その点はメリットと言えます。

しかし、この販売所には最大のデメリットがあります。それは「取引所で購入するよりも価格が割高になる」という点です。

このビットコイン販売所では、ビットフライヤー社が買い手のために、販売用ビットコインをわざわざ確保してくれていることになります。つまり実質的にはビットフライヤーは「売り手と買い手の仲介」を担っていることになるのです。

そのため、販売所での購入価格には「売買仲介料も含まれる」と考えるとわかりやすいと思います。取引所で購入するよりも価格が割高になるのは、その価格に仲介料も含まれているからです。


このように、ビットコイン販売所では、すぐに・容易にビットコインを購入することはできますが、購入価格が高くなってしまうという点が大きな痛手となるので、個人的にはあまりオススメはしません。

ビットコインは、特段の事情がない限り「販売所」ではなく「取引所」で購入することを推奨します


ビットコイン取引所


ビットコイン取引所では、市場の中の「売り注文」と「買い注文」のマッチングによって取引が成立します。

以下の画面は、取引所でビットコインを購入する際の画面です。画面中央の赤枠「Ask」が売り板、青枠「Bid」が買い板になります。



上の画面の緑で囲った部分(売り板の一番下)が、今最も安く購入することができる価格(とその数量)になります。上の画面の場合「1BTCあたり1,197,425円の価格でなら、0.018BTCまで購入できる」ことを表しています。
 
つまりこの場合「1BTCあたり1,197,425円の価格で、0.018BTCだけ売りたい」という注文を出した人がいるということを示しています。
 

実際にここでビットコインを購入する場合、購入したい数量が0.018BTC以下でいいのであれば、今表示されている一番安い価格(1BTCあたり1,197,425円)ですぐに購入することは可能です。

しかし、特段すぐに購入しなければいけない理由がないのであれば、今表示されている価格よりも少し安めの金額を指定して(入力して)注文しておくことをオススメします

その場合、すぐに購入が完了することはなく、自分が出した注文に合う形で売り注文をする人が出てきたときに、取引が成立(約定)することになります。

 
このように、購入したい価格をあらかじめ指定して注文を出しておき、その値で売ってくれる人を待って約定をさせる、この注文の仕方を「指値注文」と言います。
 
指値注文の仕方は非常に簡単で、以下の注文画面に「買いたい数量」と「買いたい価格(1BTCあたりの価格)」を入力するだけです。



例えば「1BTCあたり1,196,000円の価格で、0.5BTC購入したい」場合には、数量に「0.5」と入力し、金額に「1,196,000」と入力するだけです。

とりあえず暫定的に数量と価格を入力して「コインを買う」ボタンをクリックすると、確認画面とともに、購入に必要な日本円の金額(JPY)が表示されます。

したがって「指定した価格で、数量を買えるだけ買いたい」という場合は、一度暫定的に数量を入力して「コインを買う」ボタンをクリックしてみるといいです。そして表示される確認画面の金額を見ながら、何度かその数量の値を入れ直していくことで、最終的に適正な数量を決めることができます。


なお、この指値注文の際にも、注意事項はあります。

それは「今の購入可能金額とあまりにかけ離れた安い金額で注文を出すと、なかなか売り手が現れずにずっと約定もしない状態になってしまう可能性がある」ということです。

なかなか約定しないうちにビットコインの価格が高騰していって、「結局その時の指値では現実的にビットコインを買える価格はなくなってしまった」となってしまったら意味がありません。なので、あまりかけ離れた額を値を指して注文を出すのは控えたほうがいいです。


そして約定すると、画面下の「注文履歴」のステータスに、以下のように「完了」という文字が表示されます。



これで、取引は完了です。


アルトコインを安く購入する方法


ビットフライヤーでは、ビットコインの他にも複数の仮想通貨を購入できます。

ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と言いますが、この記事の執筆時点で、ビットフライヤーで購入出来るアルトコインは以下の通りです。

・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LSK)

ビットフライヤーでこれらのアルトコインを購入する際は、すべて「販売所で購入する」という形になります。「取引所」ではなく「販売所」です。要するに、指値注文ができる取引所で購入するよりも、ほとんどの場合割高の価格で購入することになるのです。

したがって、ビットフライヤーでアルトコインを購入する際は、そのことを理解した上で購入するようにしましょう。


そして実は、ビットフライヤーのアルトコイン販売所で購入するよりも、次のようなステップで購入したほうが、安く・多くの量のアルトコインを購入することができることが多いですので、一応紹介しておきます。

①「ビットコイン取引所」でビットコインを買う
② 購入したビットコインを(手数料の安い)海外の取引所に送金する
③ 海外の取引所で、ビットコインを使ってアルトコインを買う

この①〜③のステップで購入したほうが、送金手数料等を含めても、結果として販売所で購入するよりも安くなることがあります。

特にアルトコインの中でも「イーサリアム」は多くの海外の取引所で取り扱っているので、ほとんどの場合、上記のプロセスで安く購入することができます。

もちろんこの場合、多少手間はかかることになりますし、送金にかかる時間差によっては「安く買うはずが結果として高くなってしまった」ということもあるかもしれません。また、送金トラブル等別の問題が生じる可能性も絶対にないとは言えませんので、実際に実践するかどうかはお任せします。

ただ、販売所で買うよりも安く購入できることがある一つの手段として、ここで紹介しておきますので、参考にしてください。


以上、ビットフライヤーでのビットコイン購入方法とアルトコイン購入の際の注意点でした。

では次は、購入したビットコインを海外などの他の取引所に送金する方法を解説しましょう。

⇒ビットフライヤーでのコイン入金方法・送金方法はこちら