INXトークン購入方法(BTC等仮想通貨入金→USDでの買い方)
ここでは、INXトークンの購入方法を解説します。

INXトークンはセキュリティトークン取引所「INX Securities(INXS)」で購入することになりますので、事前にINXSの口座開設を完了させておく必要があります。

もしINXSへの登録をまだ済ませていない場合は、まずは以下の記事を参考に登録作業を完了させて下さい⇒「INX Securities口座開設方法!セキュリティトークン取引所に登録

本記事は、すでにINXSの口座開設を済ませているという前提で、その方を対象にINXトークンの買い方を解説します。

INXトークン購入の大まかなステップ


INXトークンの購入にあたっては、次のステップを踏むことになります。

INXトークン購入手順
①暗号資産取引所でBTC・ETH・USDCのいずれかを購入する
②購入した仮想通貨を自分のウォレットに送金する(ETH・USDCの場合はメタマスクに送金)
③ウォレット(メタマスク)からINX Securitiesへ仮想通貨を送金する
④INX Securitiesに入金した仮想通貨がUSDに変換されたことを確認する
⑤INX SecuritiesにてUSDでINXトークンを購入する

上記手順のうち①②は他の暗号通貨の取り扱いと同じ基本的な内容なので、ここでは説明を割愛します。

INXトークン購入にあたっての特殊な作業は③以降になりますので、以下では③から詳細に説明します。

したがって、ご自身でBTC・ETH・USDCのいずれかを用意し「自分のウォレットにBTC・ETH・USDCのいずれかが入っている」という状態にしてから、以下の手順に進んでほしいと思います。

ウォレットからINX Securitiesへ仮想通貨を送金する


まずはINX Securitiesのアカウントにログインし、上部にある「WALLET」をクリックして下さい。



すると、以下の画面が表示されますので、画面下の「DEPOSIT」をクリックします。



そして次に表示された画面の「Select a Deposit type」の箇所は「Cryptocurrency Deposit」を選択して下さい。するとその下に入金する仮想通貨を選択する画面が表示されます。



【パターンA】Ethereumを入金する
【パターンB】USDCを入金する
【パターンC】Bitcoinを入金する

上記3パターンのうち「A・B」と「C」とでは若干操作方法が異なります。したがって以下では、

◎「ETHもしくはUSDCを入金する場合」
◎「BTCを入金する場合」

この二つに分けて入金方法を解説します。

ETHもしくはUSDCを入金する場合

 ETHもしくはUSDCを入金する場合にはメタマスクを使用しますので、スマホではなくパソコン(Google Chomeのブラウザ)で操作をすることをオススメします。また、Chromeの翻訳機能を使って日本語表示をするとまれに正常にボタンが押せない等の症状が出ることがあります。その場合、Chromeの自動翻訳機能を無効にして英語表示の状態で操作をしてみて下さい。

ETHもしくはUSDCを入金する場合は「Select a Cryptocurrency」の箇所で仮想通貨を選択し、メタマスクを起動した状態で「Connect to Ethereum」をクリックします(下記画面では例としてETHを選択してます)



すると以下の画面に切り替わりますので「Enter the amount you wish to deposit」の箇所に、入金したい仮想通貨の数量を入力します。数量を確認したら「DEPOSIT FUNDS」をクリックします。

 ETHを入金する場合の数量は0.025ETH以上である必要があります。またUSDCを入金する場合の数量は10USDC以上である必要があります。

すると画面中央に「Please confirm the deposit in your MetaMask extension」という以下の画面が表示されます。これは「メタマスクからINXSへの入金を承認して下さい」という内容です。



この画面が表示されると同時にメタマスクが起動しますので、そのメタマスクから送金の確認ボタンを押して下さい。

操作はこれで完了です。メタマスクからETHもしくはUSDCの送金操作を終えたら、INX Securitiesに入金反映されるまで1時間程度かかることがあります。

また青の下線の部分に記載があるように、ETH-USD間の交換レートは自分が入金リクエストをした時点(in effect when the the User made the request)でのレートではなく、交換処理が実行された時点(when the transaction is actually processed)でのレートになります



BTCを入金する場合


BTCを入金する場合は「Select a Cryptocurrency」の箇所でBitcoinを選択します。すると、その下に自分専用のBTC入金先アドレスが表示されます。


この「Deposit to this BTC adress」の箇所に表示されたアドレス宛に、自分のウォレットからBTCを送金して下さい。

 取引所から直接BTCを送金しても無事にINXSに入金された例を多数耳にしていますが、本記事では公式からの指示通りウォレットから送金することをお勧めします。

BTCを送金した場合、INXSに入金反映されるまで現状は2〜3営業日かかることになります。

INX Securitiesで仮想通貨がUSDに変換される


仮想通貨の送金操作が完了してから1時間程度(BTCの場合は2〜3営業日)経つと、送金した仮想通貨がUSDに変換され、保有金額がドル表記でINXSの管理画面に反映されます。


反映されるとINX社からそれを通知するメールが届きます

これを確認したら、このUSDを使ってINXトークンを購入することになります。

USDでINXトークンを購入する

 INXの購入にもメタマスクを使用しますので、スマホではなくパソコン(Google Chomeのブラウザ)での操作をオススメします。また入金操作と同様、Chromeの翻訳機能を使って日本語表示をするとまれに正常にボタンが押せない等の症状が出ることがありますので、Chromeの自動翻訳機能は無効にして操作をして下さい。

では、INXトークンの購入作業に移ります。

まずは画面上部の「TRADING」をクリックして下さい。



すると取引画面が表示されます。まずは左上の「SELECTED ASSET」の部分で購入するトークンを選択します。INXトークンを購入する場合は「INX」を選択します。


(INXトークンはデフォルトで一番上に表示されていると思います。その場合、特にいじる必要はありません)

そして初めはメタマスクと連携していない状態なので、以下の赤枠部分に「Connect to Ethereum」というボタンが表示されていると思います。



まだこの状態では売買ができませんので、「Connect to Ethereum」ボタンをクリックしてメタマスクと連携させて下さい。メタマスクと連携すると当該画面は以下のように変わり、これで売買取引ができるようになります。

 まれに「Incorrect Ethereum Network Detected(誤ったイーサリアムネットワークが検出されました)」というエラー表記が出て正常にメタマスクに接続できないことがありますが、そのほとんどは一時的なバグです。その場合は一旦サイトを閉じ、先にメタマスクのロックを解除してからもう一度INXSにログインしてみて下さい。

注文方法については他の暗号資産取引所とほとんど変わりません。取引板(ORDER BOOK)を見ながら、赤枠に購入したい数量(Quantity)と金額(Price)を入力します。



「Quantity」と「Price」に数字を入力すると、手数料(Commission)と合計金額(Total)の欄に数字が自動で反映されます。



注文数量と金額を決定したら「PLACE BUY ORDER」ボタンをクリックして下さい。これで注文は完了です。

約定すると、INX社から「Trade Receipt from INX Securities」というタイトルでメールが届くことになります。



これでINXトークンの購入作業は完了です。DASHBOARDのTRADESの項目をクリックして見ると、今回の処理が「Complete」になっていることが確認できると思います。



以上、INXトークン購入方法の解説でした。

なお、購入したINXトークンの売却方法は以下の記事で解説していますので併せて確認してもらえればと思います⇒「INXトークンの売り方(売却方法と出金・日本円換金までの流れ)

 本サイトではセキュリティトークンに関する記事を複数公開しています。「セキュリティトークン(デジタル証券)とは何か?」についてや、その他のデジタル証券取引所(tZEROやSecuritize)の口座開設方法などは以下の記事を参考にしていただければと思います。

◎「セキュリティトークンとは?IPO・ICO・STOの違いとデジタル証券の可能性
◎「tZERO口座開設方法!セキュリティトークン(デジタル証券)取引所
◎「tZERO証券(TZROP)購入方法!BTC等仮想通貨での買い方
◎「ユーティリティトークンとセキュリティトークンの違い
◎「tZEROとINXの資金調達の違いが生んだセキュリティトークン取引所格差
◎「セキュリタイズが「tZERO vs INX」の取引所抗争に割って入る
◎「Securitize Markets口座開設方法(セキュリタイズID登録から全て解説)
今の時代に適した新しい生き方を学び実践しませんか?
おすすめの記事