今より収入を上げる為に必要なのは新たなビジネススキルの獲得ではない件
今回は「お金と進化」をテーマに書いていきます。

この記事を読むことで理解できること
◎「ビジネスにおいて自分が本当に進化する時とはどんな時か?」
◎「自分のビジネススキルの向上や収入の上昇を大きく妨げているものの正体とは何か?」

本記事の内容を頭に入れておくことで、今までの成果が出せないモードの自分と完全に決別し、ビジネスで成果を出せる自分に進化することが可能になります。

では、まずは今回のテーマを簡潔にまとめたこちらの動画からご覧下さい。


以下、これに沿って詳しく解説していきます。

ビジネスにおける本当の進化とは?


一般的に、進化というと「これまでにはない新しいスキルを身につけること」だと思っている人が多いと思います。事実、私もかつてはそのように思っていました。どんどん新しいものを吸収してスキルを培っていけば、実力も収入も右肩上がりに伸びていくと思っていた時期があります。

しかし、実際は違いました。

ビジネスにおける本当の進化とは、「新たなものを取り入れること」ではなく「今あるものを捨てること」です。それまで持っていた信念を捨てたときに、本当の意味で進化ができるのです。言い換えると、古い自分の内面が死んだ時に新しい自分が生まれるということです。

ビジネスにおける本当の進化とは?
「新たなものを取り入れること」ではなく「今あるものを捨てること」

これについて、以下で少しだけ具体例を交えて説明します。

起業家から経営者に進化して収入を上げるために


例えば、仕事をする上で次のような信念を持っている人がいたとします。

「私はどんなミスも許さず、全て自分の手で完璧に仕上げる!」

このような仕事観は、自分一人でビジネスを行う個人事業主・起業家のステージでは比較的うまく機能しやすい信念です。起業家は自分で設計したビジネスの歯車を自分の手で回していくことになるので、「ミスをしないよう自分で直接作業を手がけていく」という姿勢はプラスになることが多いのです。

しかし、これが起業家ではなく経営者のステージであれば、同じ信念を持っていても上手くいきません。経営者は自分で設計した歯車を他者の力を借りて(他者に任せて)回していくことになるため「何でもかんでも自分で作業をして完璧にこなす」というのは経営者のやることではないからです。

したがって、起業家から経営者に進化して今以上に収入を上げたいのであれば、起業家のステージで持っていた信念(上手く機能していた価値観)は捨てなければいけません。これを捨てることができなければ、経営者のステージで上手くやっていくことはできないのです。

古い自分の内面が死んだ時、新しい自分が生まれる


この「捨てることで進化する」というのは、蝶が自由に羽ばたくまでの過程を考えるとよりイメージがしやすいと思います。

蝶は、一見すると自由に空を羽ばたいているように見えます。しかしその蝶も、初めは羽ばたくことができない芋虫(幼虫)だったという事実があります。卵から出てきた当初は、地面を這いつくばってるだけの芋虫だったのです。

その地面を這いつくばる芋虫が、自由に空を羽ばたけるようになる過程で何をするのか…?

それが「今あるものを捨てる」という作業です。具体的にいうと、芋虫は空を羽ばたく蝶になる前にさなぎになります。幼虫からさなぎになり、それまでの自分の細胞を一度液状に溶かすのです。そしてドロドロに溶かした自分の細胞を新たに再構築することで、蝶として羽ばたいていくことになるのです。

人間の内面的な進化も、これと同じようなイメージです。

古い自分の内面のまま外から新しいものを取り入れようとしても、本当の意味での進化はしません。例えば「お金の話はいやらしい」という信念を持ったままどれだけビジネスの知識を取り入れても、それでビジネスで飛躍することは絶対にありません。芋虫マインドのままどれだけ新しいものを取り入れようとしても、結局芋虫を脱することはないのです。

自分が本当に進化したいのであれば、それまでの自分に染み付いた価値観や信念は捨てる必要があります。自分の細胞レベルにまで染み付いた価値観を一度ドロドロに溶かし、その上で新しい自分の内面を再構築した時に、新たな自分が生まれることになります。それまでとは違う新しい自分になるからこそ、ビジネスでもそれまでにない新しい成果を得ることができ、収入も今まで以上に大きく上がることになるのです。

進化の手前で生じる精神的な辛さの正体


そして、このさなぎの期間(それまでの価値観をドロドロに溶かす期間)というのは、非常につらい期間です。

自由に羽ばたく前のさなぎの期間は、一切動くことができません。幼虫であればまだ動けますが、さなぎになったら一定期間動きはロックされます。人間もこれと同じで、大きくジャンプをする前は必ずいったん屈むことになりますが、その屈んでいる期間が精神的に辛い期間なのです。

では、具体的に何がつらいのか…?

まず一つには「孤独が伴う」という点での辛さがあります。今までの価値観を捨てるということは、今までその価値観を共有していた周りの人とも一定の距離を置くことになります。進化の手前では今まで価値観を共有していた人とも話が合わなくなることがあるので、ある程度の孤独はどうしても伴うのです。

そしてもう一つは、「大事なものを手放す」という点での辛さです。信念というのは、自分がそれまで大事にしてきた考えのことなので、その大事にしてきたものを捨てるというのは心理的にも大きな抵抗感が生じるものなのです。

進化をする手前で生じる辛さ
①それまでの仲間と価値観を共有できなくなることから生じる「孤独感」
②それまで自分が大事にしてきた考え方を捨てることに対する「抵抗感」

この二つのつらさに耐えられないと「芋虫の方が楽だ」と感じて元のステージに戻ってしまったり、あるいは新しいステージにいてもそのステージでいつまでも飛躍することができない事態に陥ったりします。

したがって、そのような精神的なつらさを感じた時こそ、ステージを変えて大きく進化するチャンスだということを押さえておくべきです。精神的に楽な方向に逃げても、進化をすることはありません。

一定期間孤独になったとしても、それを乗り越えれば新しいステージで同じ価値観を持った新しい仲間が絶対できます。また、その新しいステージで成果を出している人のアドバイスで受け入れ難い部分があれば、その受け入れ難い感情こそが進化を妨げる肝になることが多いです。それまでと同じ信念を貫いて成果を出せないモードを貫いている人より、その信念を捨てて新しいステージで成果を出している人の言うことを素直に受け入れる習慣をつけた方がはるかに大きく進化していきます。

◎孤独になることに慣れること
◎新たなステージではいきなり自己流でやらず、成果を出している人のアドバイスを素直に聞き入れる習慣をつけること

この二つを徹底するだけでも、進化の度合いが格段に上がってスキルや収入のアップに大きく貢献することになります。

「お金と進化」のまとめ


では、最後にこれまでの内容をまとめておきます。

「お金と進化」のまとめ
一つの信念は、次のステージへ移行する際には邪魔になる(新しいステージに移行して自分が進化していくにあたっては、今持っている信念は捨てなければならないことがある)

本当の進化とは「新たなものを取り入れること」ではなく「今あるものを捨てること」であり、古い自分の内面が死んだ時に新しい自分が生まれることになる(幼虫からさなぎになり一度それまでの細胞を液状に溶かしてから蝶になるように、人間もそれまで細胞に染み付いた信念を捨てることで新たなステージで飛躍できる)

大きく飛躍する前のさなぎの期間は精神的につらい期間であり、主に「孤独になる」「大事にしてきたものを捨てる」という点での辛さがある(孤独に慣れ、新たなステージで成果を出している人のアドバイスを素直に受け入れる習慣をつけることが、ビジネススキルの向上と収入もUPに大きく貢献することになる)
今の時代に適した新しい生き方を学び実践しませんか?
おすすめの記事