今回は「一度作成したYouTubeアカウントを(Googleアカウントごと)完全に削除する方法」を「YouTubeチャンネルの削除方法」との違いとあわせて紹介します。

この記事を読むことによって、

●YouTubeアカウントとYouTubeチャンネルの違い
●YouTubeアカウントの削除方法と注意点
●YouTubeチャンネルの削除方法

を明確に理解することができるようになります。


今回このような記事を書いたのは、YouTubeアカウントの削除方法がわかりやすくまとまっているサイトが、他に見当たらなかったからです。

そもそも、YouTubeアフィリエイトをある程度の期間続けていれば、所有するYouTubeアカウントの数も次第に増えてくると思います。そしてその中には、動画三回削除等をくらって凍結状態になってしまったアカウントもあるのではないでしょうか。

一度停止をくらってしまったアカウントは、もう使い道はないので残しておいてもほとんど意味はありません。できることなら不要なものは削除して整理しておきたいものです。

また、当ブログでも以前「全アカウント収益無効化の警告メール」について書きましたが、このメールが来た際も「YouTubeアカウントごと削除する」ことで全アカウントの収益無効化は避けられるかもしれません(これはあくまで一つの可能性として提示しただけですが)。

そんなわけで、YouTubeアフィリエイトを実践する上では「アカウント削除方法」は確実に知っておいた方がいいのです。

ただ、実はこれ…意外なことにどこにも書いてないんですよね。

ということで、今回のこの記事で「YouTubeアカウントの削除方法」はぜひ覚えてしまってください。まだYouTubeアフィリエイトを始めたばかりの人も、今の時点で知っておいて損はないと思います。


YouTubeアカウントを削除する際の注意点


はじめに、注意点を指摘しておきます。

最初にYouTubeアカウントを作成した際、同時にGmailアドレスも取得したと思いますが、一度YouTubeアカウントを削除すると、それに伴って取得したGmailのアカウント(Googleアカウント)も削除されます。

つまり「そのアドレスに送られたメールもすべて削除される」ということになりますので、メールを削除したくないという人はYouTubeアカウントは削除せず残しておいてください。

一方「YouTubeチャンネル」を削除する場合には、Googleアカウントは閉鎖されません。

以下の動画では、YouTubeアカウント削除方法を「YouTubeチャンネル削除との違い」とあわせてわかりやすく解説していますので、参考にしてください。


YouTubeアカウント削除手順


(※時が経つにつれて若干仕様が変更される可能性がありますが、基本的な設定は変わらないと思います)


①初めに「マイアカウント設定」に入ります。

②すると以下のような画面が表示されると思いますので、この画面の右下の「アカウントやサービスの削除」をクリックします。

アカウント確認

③次に下のような画面に移行すると思います。ここの「Googleアカウントとデータの削除」をクリックします。

アカウント削除

④すると、ここでアカウントのパスワード入力を求められることがありますので、入力して削除したいアカウントにログインします。

ログイン1

⑤ログイン後、以下の画面が表示されることを確認して下さい。

データツール

⑥この画面を一番下までスクロールすると、二つのチェック項目があるはずですので、この項目に両方ともチェックを入れ、「アカウントの削除」をクリックします。

チェック

⑦すると「アカウント復旧について」という次の画面に切り替わります。これでYouTubeアカウントの削除完了です。

終了

作業自体は非常にシンプルですね。冒頭でも言ったように、定期的な仕様変更によって若干表示が異なることはあると思いますが、それでも基本的な作業自体は変わらないともいます。

以上、「YouTubeアカウントをGoogleアカウントごと削除する方法」でした。



【YouTubeで稼ぐために】
YouTubeアドセンスだけで1000万円稼いだピオリムのネットビジネス全般における動画付メール講義は、メルマガ読者限定で無料公開しています。興味があれば以下から登録してみて下さい。
shift4
(上記は私が所有するYouTubeチャンネルの2週間おきの再生数の推移です)