前回の記事では無料ブログと有料ブログの違いを説明しました。その中で有料ブログとは、ブログ自体にお金がかかるのではなく「サーバーを借りる・ドメインを取得する」ことにお金がかかるということをお伝えしました。


では、その「サーバー」「ドメイン」とは、一体どういったものなのでしょうか?

今回の記事では、インターネットにおけるそれら言葉の位置づけも含めて、ネット上の仕組みを確認しておきましょう。

それでは、まずは簡潔にまとめたこちらの動画をご覧ください。



サーバーとは?


さて、あなたは今まさに、私が書いた記事を読んでいます。『サーバーとドメインとは?ネット上の仕組みをわかりやすく解説』というタイトルの記事ですね。

私がこの記事を投稿し、あなたがこの記事を見ているわけですが、実はこの場合の「私」と「あなた」の中継地点に位置するのが「サーバー」というものなんです。サーバーというものがあるから、あなたは私の近くにいなくても、私が書いた記事を見ることができるのです。

…もう少し詳しく説明しましょう。

私はいつもパソコンで記事を作成していますが、その記事はただ作成しただけでは、パソコン上の一つのデータにすぎません。それだけではネット上で皆に見てもらうことはできないのです。

作成した記事をみんなに見てもらうためには、その記事のデータをサーバーという空間に転送して、そのサーバー上に記事のデータを保存するのです。そうすれば世界中の誰でも、ネットを通じてサーバーにアクセスすることで、私の記事のデータを見ることができるのです。

ここで、そのプロセスを簡単にまとめておくと、

①私が記事を書き、そのデータをサーバーに転送する
②サーバー上にそのデータが保存される
③あなたがサーバーにアクセスすることで私の記事を見ることができる

といった感じです。



サーバーは、「ネット上のデータを保存する空間」という位置づけですね。私たちは、主にパソコンからそのサーバーにアクセスすることで、自分のデータを送信したり、他の人のデータを見たりすることができるのです。

なお、パソコンからサーバーにデータを転送することを「アップロード」、サーバーからパソコンにデータを取り込むことを「ダウンロード」といいます。この言葉はほとんどの人が聞いたことがあるでしょう。

あなたが毎日のように見ている友達のTwitterのつぶやきも、友達がサーバーに転送したデータを、あなたがそのサーバーを経由して見ているということになるのです。

そしてこのサーバーに関して、“無料ブログ”や“無料利用できるSNS”の場合は、それぞれ専用のサーバーがすでに存在しています。FC2ブログならFC2ブログ専用のサーバー、TwitterならTwitter専用のサーバーというものがあるのです。

しかし、サービス会社から無料でブログ等を使わせてもらうのではなく、自分の資産として構築できるブログを作りたい場合、まずはサーバー自体が存在しないことになります。そのため、サーバーを使わせてもらうようお願いする必要が出てきます。そうしなければ、そのブログを通して自分のデータを転送することはできませんからね。

そこで必要なのが「サーバーをレンタルする(借りる)」という作業です。当然私がこのブログを作る際もその作業を行っています。この「サーバーをレンタルする」という行為にお金がかかるのです。

ちなみに私はXサーバーという会社からレンタルしていますが、サーバー代は大体年間で10000円強です。


ドメインとは?


では「サーバーをレンタルしてそれを使うことができれば作業は完了か」というと、実はそうではありません。

サーバーを使うことができても「これが私のデータです」ということを意味するIDコードがなければサーバー上にデータを転送してもそれを自分のデータとして認識してもらえません。他のと区別する自分だけの“IDコード”を持つ必要があるのです。

この“IDコード”のことを「ドメイン」といいます。

具体的には「http://○○○.com/」とか、「http://△△△.net/」といった場合の、○○○や△△△に当たる部分がドメインです。



無料ブログの場合、例えばseesaaブログであれば、「http://○○○.seesaa.net/」といったように、seesaaブログのドメイン内の○○○の部分に自分のIDコードが入ることになります。そういった場合は、seesaaブログを使っている他の人とドメインパワーを分け合っていることになります。

しかし有料ブログの場合は、「http://△△△.net/」のように誰とも分け合うことのない自分だけのドメインを持つことになるのです。

この自分だけのドメインのことを、よく「独自ドメイン」といい、この「独自ドメインを取得する」という行為にも、お金がかかるのです。

ドメインの取得は早い者勝ちです。先着順に取得することが可能なので、一度誰かが取得したドメイン名は後から新しく使うことはできません。


サーバーとドメインのまとめ


というわけで、ここまでをまとめると

①「サーバー」を有料でレンタルすることで自分のデータの保存場所を確保することができる
②「独自ドメイン」を有料で取得することで自分だけの“IDコード”を持つことができる

そしてその②のコードをもって①のサーバー上に自分のデータを転送することで、世界中のみんなに自分のデータを見てもらう事ができるようになるのです。

有料ブログを利用する際には、①②の作業の後にワードプレスをインストールすることになるのですが、お金がかかるのは①②の作業だけです。

以上、有料ブログを開設する際に必要な「サーバー」と「ドメイン」の位置づけとそれらを含めたインターネットの仕組みを解説しました。

インターネットビジネスを長く続けていくのであれば、いずれは有料ブログを作っていくことになりますので、このあたりの仕組みは一応、知っておいた方がいいと思います。