上限廃止
先日、グーグルアドセンスの審査が厳しくなったことを受けて、改めてアドセンスの「審査通過のポイント」と「申請手順」をまとめた記事を書いたばかりですが、今回もそのアドセンスに関する重要事項をお伝えしようと思います。

どうやら最近になって、アドセンス「広告の配置」に関する規約にも大きな変化があらわれたようなのです。

アドセンスを利用している人にとっては非常に重要な事項になるので、今回の内容もしっかりと把握しておいていただければと思います。


広告設置数の上限がなくなった?


これまで、アドセンス広告をブログ記事などに貼り付ける際には「1ページに3つまでなら広告を設置してもよい」とされていました。

これはグーグルアドセンスを利用する人の間ではもはや常識となっていることであり、これまでのアドセンスヘルプのページにも以下のように明確に記載されていたことです。

ad上限


・コンテンツ向けAdSenseユニットは3つまで
・リンクユニットは3つまで
・検索ボックスは2つまで


つまりこれまでは、1ページに設置できる広告数の上限があらかじめ具体的な数字で示されていたことになります。

しかし、最近(2016年8月中旬)になって、なんとこの具体的な数字の表記がなくなりました。アドセンスヘルプの同じ箇所が、以下のような表記に変更されたのです。

ad配置


・広告が占める割合がコンテンツよりも多くなってはならない
・広告を設置する際のコンテンツ(記事)は価値の高いものでなければならない


このような内容の記述になり、「1ページに何個まで」という数字による制限はなくなったことになります。

したがってこの表記に則るのであれば、これまで記事内に3つまでしか設置できなかったアドセンス広告は、今後は4つ以上設置するということも可能になったと言うことができます。


しかし・・・


これを受けて「数に上限がなくなった!これで広告つけ放題。全体のクリック数も上がって収益も増えるからラッキー!」といった考えを持つとしたら、それはかなり危険です。

今回の広告設置上限数の撤廃は、「制限から解放されて自由になった」と捉えるべきではありません。むしろ「基準を自分で判断しなければいけなくなった」と考えるべきでしょう。



コンテンツの「価値」の厳格化

価値
今回の変更は、広告配置上限数が撤廃された(数字という客観的指標がなくなった)という点では「広告設置基準が若干曖昧になった」と捉えることもできます。

そしてこの「曖昧になった」ということは、先ほども述べた通り「その基準を自ら主体的に判断しなければならなくなった」ということです。


これまでは、具体的数字による制限が設けられていたことにより、ある程度のボリュームのオリジナルコンテンツであれば(その制限を超えない限りは)問題ないとされていたことになります。

いわば「ここまではOK、ここからはNG」という基準が明確に提示されていたので、自分がその基準に逸脱していない限り、よほどひどいコピーコンテンツや明らかなガイドライン違反コンテンツでなければお咎めなしだったのです。


しかし、今後はその具体的な数字による基準が撤廃されたため、「このコンテンツのボリュームであれば広告はいくつまで設置できるだろうか」ということを自ら判断しなければならないことになります。

また、新しく設けられた「価値のある広告枠」という表記からも、「この記事は広告設置に値する価値のあるコンテンツと言えるのか」といったことも今まで以上に考えて記事を作成しなければならなくなったと言えます。

要するに、グーグルが「検索ユーザーにとっての価値」をより追求する結果、アドセンスを使用する側(コンテンツを提供する側)にも「価値」に対する主体的な判断がより求められるようになったということになるのです。


「本当に価値の高くボリュームもあるコンテンツであれば広告を多く設置してもいいけど、薄っぺらいコンテンツには設置しちゃだめだよ」

平たく言えば、今回の変更後の表記は上記のように読み取ることができますが、そのような曖昧な基準の背景には、グーグル側の「検索ユーザーにとっての価値」を深く追求する姿勢というものがあるのでしょう。


そしてその自らの判断とグーグル側が意図するものとが食い違っている場合には、設置した広告は制限されたり無効にされたりすることがあります。

アドセンスを利用する場合、今後はこのことをしっかりと意識してサイトを運営していくべきでしょう。

最近になってグーグルアドセンスの審査が厳しくなったことと、今回の広告配置の上限数が撤廃されたことは、完全に無関係ではないはずです。

両者ともに「検索ユーザーに価値のあるコンテンツを提供する」という姿勢をより厳格化する結果、このような変更に至ったと考える方が自然です。



今後はYouTubeも要注意


そして今回の変更を受けて、今後気を付けなければいけないと(個人的に)考えているのは「YouTubeにおける広告設置」です。

YouTubeでは現在、10分以上の動画であれば複数の広告設置が可能となっています。そしてこの場合、広告設置数に上限はありません。

したがって、現在では10分を超える動画の中には広告を大量に設置し、以下のように黄色い線だらけになっている動画も多数存在します。


広告

しかし、今回のアドセンスヘルプ記載内容の変更をうけて、今後はこの状況にも規制がかかってくるであろうことは容易に想像ができます。

10分ギリギリの動画に2分ごとに小刻みに広告を設置しているものや、30分を超える動画でも不自然なほど大量の広告を設置しているものは、今後アドセンスの利用に制限がかけられたり無効にされたりする可能性も否定はできません。

今回の変更を受け、コンテンツのボリュームに対して広告が不自然なほど多いものについては、YouTubeでも排除の対象になるかもしれませんね。

YouTubeについても新たな情報が入り次第、また記載しようと思います。