誰だ?


「YouTubeにアップされている動画をパクる方法」というワードで検索にかけて昨日このブログにアクセスした人は?(笑)

今朝、ブログアクセス解析を見ていてこのワードが目に入った瞬間、思わず「どぉい!」と、声に出して突っ込んでしまいましたよ。まさかこんなワードを検索窓に入れる人がいるとは…そしてそれで私のブログにたどり着く人がいるとは…。

そしてツッコミを入れた直後、部屋で一人声を出してパソコン画面に「どぉい!」と言ってしまった自分に妙に切なさを感じるという・・


・・・。

・・・・・。


…なんてことはどうでもいいのですが、このブログには他人の動画をパクる方法なんて掲載していませんからね。

そしてそんな方法を探し出すくらいなら自分で価値ある動画を作った方が早いですよ!基本的に、動画をパクっても再生回数は稼げません。自分で一から動画を作成した方がはるかに再生回数は稼げます。

もし、自分が作成した動画の再生回数が稼げていなかったとしたら、それは初期段階でよくやってしまいがちな典型的なミスを犯している可能性があります。


どんなミスでしょう…?


ということで今日は、動画投稿初期の段階で犯してしまいがちなミスと再生回数を稼ぐうえでの簡単なポイントだけ紹介しておきましょう。



トレンドチャンネルと特化チャンネル


まず、扱うチャンネルの性質を二つに大別し、それぞれのチャンネルのタイプ・性質を明確にしておきましょう。


■『トレンドチャンネル』

扱うテーマを一人(一つ)に絞らず、今流行になっているもの全般を題材にして動画を投稿していく。流行となっている瞬間は爆発的な再生回数が見込めるが、時間が経過するにつれて、ほとんど再生されなくなる。
(言ってみれば使い捨て動画のようなもの)


■『特化型チャンネル』

扱うテーマを一人(一つ)に絞って投稿していく。時間をかけてしっかりとチャンネルを育てていけば、次第にチャンネル登録者が増えていき、ある程度動画が蓄積されてくると、その後動画を投稿せずほぼ放置の状態でも一定の安定した再生回数が見込める。
(長期的スパンで考えるべきもの)



さて、まずはこの二つの性質を頭に入れておいてくべきです。そしてYouTubeによる不労所得を狙っていくのであれば、基本的には「特化型チャンネル」を扱っていくことになりますね。


・「一人の芸能人・特定のグループだけを扱ったチャンネル」
・「面白系画像集・心霊画像集など系統を絞ったチャンネル」
・「日韓問題など政治をテーマに動画を投稿したチャンネル」

等、時が経過しても一定の再生回数を確保できるようにするためには、投稿する動画の属性に統一性をもたせておくことが必要になります。ジャンルがバラバラだとチャンネル登録する気にもなれませんしね。

ただ、この特化型チャンネルを運営する場合に多くの人がやってしまいがちなミスがあります。その最も多いミスが、


特化型だからトレンドには乗せなくていいや


という考えです。作業に慣れようとしている本当に初期の段階であればトレンドに乗せなくてもいいのですが、稼ぎをあげることを考えている場合はこれだけではいけません。



特化チャンネルでも初期段階ではトレンドに乗せるべき


例えば、特定の芸能人をピックアップして特化チャンネルを作る場合、その芸能人の過去の発言をやみくもにアップロードしても基本的には再生回数は稼げません。

大衆というのは「今話題になっていること」でなければ検索にかけることはしませんので、芸能人の「過去の発言」をやみくもに集めても再生回数は伸びないのです。

もちろん、注目の話題というのは移り変わるものですので、芸能人の過去の発言がある時一気に注目を浴びるということはあるのですが、言ってしまえばそれも偶然の出来事です。

チャンネル登録者が少ない段階で再生回数を伸ばすためには特化型チャンネルであったとしても「アップする動画は何らかの形でトレンドに乗せる」ということを意識する必要があるのです。


では、そのことを意識した上で、具体的に「トレンドに乗せる」にはどのような作業をすればいいのか?これに関しては企画内で具体的にノウハウを提供しています。

また、今「特定の芸能人を扱う」と書きましたが、もちろん芸能人が映っている映像をパクってアップロードしたら違法ですのでダメです。

では、どんな方法で芸能人をテーマにするのか?これもYTM独自の手法として商材の中でノウハウが提供されています。

具体的なノウハウに関わる部分はここには書けませんが、とりあえず特化型を運営する上では、特にチャンネル登録者数の少ない段階ではトレンドに乗せるということを意識した方がいいですよ。

ということで、ちょっとしたアドバイスでした。変なワードで検索にかけて違法行為を企てないようにして下さいね(笑)