今回は、YouTubeアフィリエイトでの広告収入をめぐっての「広告の種類とクリック率」について詳しく解説していきます。


「広告の種類」の説明については“今さら感”満載なのですが、まだYouTubeアフィリを始めて間もない駆け出しの人のために。

そして「広告のクリック率」については未知の部分も多数あり、多くの人が気になっているところでもあると思いますので、その辺りも「広告の種類」と絡めて詳しく解説していきます。



広告の種類一覧


まず広告の種類に関してですが、YouTube動画を再生する際に表示される広告は、以下の4種類となっています。



①【InVideo広告】

インビデオ


InVideo広告とは、上の画像のように、再生されている動画画面の下部に表示される横長のもの(オーバーレイ広告)を言います。

上の図のようにハッキリとした色で表示されることもあれば、半透明の形で表示される場合もあります。

これは動画が再生された10秒後に表示されるものになりますが、この広告が表示された後、右上にある×印をクリックすると、これを非表示にすることができます。

※多くの場合動画の閲覧の邪魔になるので、ほとんどの方は非表示にすると思います。

このInVideo広告でYouTuberが報酬を得るためには、この広告を視聴者によってクリックしてもらう必要があります。




②【TrueViewインストリーム広告】


インストリーム


TrueViewインストリーム広告とは、動画が再生される前に一定時間CMのように流れる映像広告です。

この映像広告が流れてから5秒経過すると、画面の右側に「スキップボタン」が現われ、CMが流れている途中でもそれをスキップすることができるようになります。

このTrueViewインストリーム広告でYouTuberが報酬を得るのは「画面にCMが流れている時にその画面をクリックした場合」、または「30秒以上スキップされずにCMが視聴された場合」に限ります。

そして流れる広告自体が30秒以下の場合は、CMが最後までスキップされなかった場合にのみ報酬が発生します。

ちなみに、管理画面のアナリティクスを見ればわかることですが、この広告のクリック率(視聴率)はかなり高いです。視聴者としては「流れる広告の内容が面白いので思わず30秒以上観てしまう」ということが多いのかもしれません。

(※追記:TrueViewインストリーム広告のクリック率が高い理由についてはこちらの記事にまとめてあります)




③【ディスプレイ広告】


ディスプレイ


ディスプレイ広告とは、上の画像のように、再生されている動画の画面右側に表示されるバナー広告です。

このディスプレイ広告がクリックされた場合にもYouTuberには一定の報酬が支払われることになりますが、一般にこの広告のクリック率は比較的低い傾向にあります。




④【標準インストリーム広告】

標準インストリーム

※この広告を表示させるには個別に設定が必要になります。


標準インストリーム広告とは、動画再生前にCMのように流れるという点では「TrueViewインストリーム広告」と同じものです(上はカラムーチョのCM 笑)。

ただ、TrueView と違い“視聴者がスキップ不可”というところがこの広告のその特徴になります。

この標準インストリームはほとんどが15秒程度の短い広告のため、表示されてもすぐその後に本編の動画を観ることはできるのですが、それでも、広告に興味のない視聴者側からすれば“スキップ不可”という点で最も鬱陶しい広告ということが言えるかと思います。




クリック率(CTR)が低いという相談に対して…


広告の「クリック率」については私自身質問を受けることが多く、さらにYTMフォーラムを見ても同じような質問が散見されます。

自分でデータを見たうえで「クリック率が以前よりも下がった」ということを気にしている人が特に多いようですね。


再生回数の割にクリック数が低くなる一般的な原因としては、


●「パソコン」と比較して「携帯電話」で再生される率が高い。
(携帯では広告が表示されないことがある)

●YouTubeの再生ページからではなく、埋め込み式の動画から再生されている率が高い。
(埋め込み式だとTrueViewインストリーム広告が流れない)

●同じ人が一度に自分のチャンネル内の複数の動画を見ている。
(一度に同じチャンネル内の複数の動画を見ていると、広告が表示されなくなることがある)

●動画を再生した瞬間に、期待していたものと違うものだったということが分かり、視聴者がすぐページを閉じてしまう。
(広告が表示される前にページを閉じられる)

といったものが考えられますが、結局、原因が判明したところで、クリック率の上昇に対して人為的な影響を及ぼすということは、基本的にはできません。(←ここが重要です)


管理画面のアナリティクスを見て携帯電話で再生されている率が高いということが判明したところで、「パソコンから再生してよ」と視聴者に促すことなどできませんし、埋め込み式の動画に強制的に「TrueViewインストリーム広告」を流す、などということも当然できません。

クリック率が低下してしまう原因はいくつかあるのですが、結局これらの要因が判明したところで、投稿者の努力でそれを改善することはできないのです。


※ちなみに、私の企画『「魔法のカギ」』コースでは、広告クリック率上昇が狙える手法を公開しているのですが、それ以外の方法でクリック率に上げることは多分不可能です。


したがって、大きな報酬成果をあげる上で気にすべきなのは「クリック率」ではなく「再生回数」になります。

「クリック率が低下した」という事態が起きたとしても、それを悩んでいる暇があったら再生回数を伸ばすことに注力した方が利口です。その方が、結果的に大きな報酬に結びつくことになりますよ。