今回は、YouTube動画をブログやHPへ埋め込む際に使えるカスタマイズ機能をいくつか紹介しておきましょう。視聴者にとってあまり好ましくないカスタマイズもありますので、それも含めてお話ししていきます。


まず、使用する動画の「埋め込みコード」は、以下の手順ですぐに取得することができます。

埋め込みコード取得

そしてこのコードをブログに貼り付けると、以下のように表示されます。

douga  (これは動画再生時に画面にカーソルを合わせた際のキャプチャです)


ここまでは普通の貼り付け手順ですね。今日の本題はここからです。



上と下のバーを非表示にしたい

カスタマイズ前後
ただ、この動画をLPやセールスページに埋め込むといった場合、動画の上のバーや下のバー非表示にしたいと思うことがあると思います。

・上のバーを「タイトルバー」
・下のバーを「コントロールバー」

と言ったりしますが、実際に上のようなデザインの中で動画を埋めこむ場合、左よりも右の方が見栄えがいいですよね。


そこで、以下では動画のタイトルバーとコントロールバーを非表示にする方法を紹介したいと思います。いずれも取得した埋め込みコードに少し手を加えるだけで簡単に表示できるので、是非活用してみて下さい。



■【タイトルバーのみを非表示にする】

まず、タイトルバーを非表示にするには、取得した埋め込みコードの動画のURL(赤線)の直後に「?showinfo=0」を付け足してください。これだけで、上のタイトルバー非表示になります。




■【コントロールバーのみを非表示にする】

また、下のコントロールバーのみを非表示にしたいという場合であれば、取得したコードの動画URLの直後に「?controls=0」を付け足してください。これで、動画再生時に画面にカーソルを合わせた時もコントロールバーが非表示になります。


※ここまででもうおわかりかと思いますが、埋め込み動画をカスタマイズするには、基本的に埋め込み用のコード内の動画のURLの後ろに「?」をつけたうえで指定のものを入力すればOKです。



■【上と下、両方のバーを非表示にする】

ただ、指定したい項目は一つだけとは限りません。上のタイトルバーを非表示にし、さらに下のコントロールも同様に消したい場合はどうすればいいのか。

結論から言うと、「?showinfo=0&controls=0」と入力します。

このように、最初に入力する項目だけ頭に「?」を入力し、それ以降の項目については頭に「&」をつけて指定コードを付け足せば、複数のカスタマイズ指定ができるようになります。




便利なカスタマイズ一覧


以下、埋め込み動画をカスタマイズする際に使えるものをいくつか載せておきますので参考にしてください。いずれも埋め込みコードの同じ箇所(動画URLの直後)に「?」や「&」をつけたうえで入力すればOKです。


■【コントロールバーのYouTubeのロゴのみを非表示にする】


modestbranding=1

ビフォーアフター

■【動画再生終了後に繰り返し再生させる】


loop=1



■【ブログに訪れた時点で自動的に再生されるようにする】


autoplay=1


※ただし、この自動再生機能はあまりオススメしません。

視聴者からすると、ページを開いた途端、急に音が出て動画が再生されるために驚いてしまうことが多いと思います。また、動画をクリックしてもいないのに勝手に再生されることに不快感を抱く人も少なくないでしょう。

実際、LPやセールスレターに動画を埋めこむ場合、その動画を自動再生にしていると登録率が下がるというデータも出ています。絶対に動画を見てほしいという思いから自動再生機能を利用しても、かえって逆効果となることが多いようです。

この辺りは「自分がどういうつもりか」よりも「ページ訪問者がどう思うか」の方が重要になるので、視聴者視点にたってカスタマイズは考えるべきでしょう。