アマゾンビデオダイレクト

どうやら5月10日、ネット通販最大手アマゾンが動画投稿サービスAmazon Video Direct(アマゾンビデオダイレクト)を開始したと発表したようですね。

動画投稿サービスと言えば、現状はYouTubeの独壇場と化している感はありますが、今回の「アマゾンビデオダイレクト」は、そのYouTubeにもかなり似た特徴をもっています。

さらに「動画投稿手段」や「収益化の手段」もYouTubeよりバラエティに富んでいるので、もしかすると、これによって動画投稿サービスの勢力図が一気に変わってくるかもしれませんね。

そしてタイトルにもあるように、これに伴って今後は「Amazonビデオダイレクトで稼ぐ方法」というようなものが出回るだろうとも思っています。(YouTubeの時なんかも後からみんながみんな同じことやって、もうひどかったしね…)

そこで今回はこのAmazonビデオダイレクトの特徴を、YouTubeと比較したうえでわかりやすく解説していきたいと思います。


動画投稿者の視点から


ではまず、今回のAmazonビデオダイレクトとYouTubeの違いを「動画を投稿する側の視点」から見ていこうと思います。

今回のamazonビデオダイレクトでは、プロ・アマチュア問わず、無料アカウントを作成すればだれでも動画を投稿できることになっています。この点はYouTubeと全く同じですね。

そしてその動画の配信手段と収益受け取りの手段ですが、実はこれがYouTubeと大きく異なる点です。Amazonビデオダイレクトでは、以下の4通りの動画投稿手段が用意されており、投稿者はその中から手段を選択する(または組み合わせる)ことができるようです。


①自分の動画に広告をつけ、一般に無料で配信する
②動画に広告をつけず、プライム会員向けに配信する
③自分の動画をデジタルコンテンツとしてAmazon上でレンタル・販売する
④Streaming Partners Programを通して販売する


①に関してはYouTubeと同じです。広告付き動画を視聴者に無料で公開することによって、アマゾンの広告収入の一部が分配される仕組みです。ここでは広告料の55%が動画投稿者の収入となるようです。

②に関しては年間一定の金額を払っている有料会員に向けて公開するもので、動画投稿者には、プライム会員による視聴時間の長さに応じて収入が分配されることになっています。「視聴時間に応じて」というところが、これまでにはない面白い部分でもあると思います。自分の動画コンテンツの価値が、純粋に収入の大小に結び付きそうですね。

③は自分の動画を有料コンテンツとしてレンタル・販売するというもので、動画作成者にはそこでの売り上げの50%が収入として分配されることになります。

④については正直まだよくわからないのですが(笑)、どうやら「追加会員制」として、自分の動画の視聴者から料金をとるという形態のようです。


要するに、現状のYouTubeでは①の手段のみですが(YouTube Redは除く)、今回のAmazonビデオダイレクトは、その①の他にビジネス要素の強い三つの手段を利用できるようになっているということですね。



YouTubeに対抗するのではなく・・


以上のように、今回のAmazonビデオダイレクトはYouTubeと同じ土俵で真っ向から勝負を挑んできたというよりも、「有料会員向け」「コンテンツ販売」というビジネス的側面が強い中でYouTubeの要素も一部含んでいるという形になっています。


なので、これはあくまで予想に過ぎませんが、今後は


・「娯楽的な要素が強いのがYouTube」
・「ビジネス要素が強いのがアマゾンビデオダイレクト」

という図式になるのではないかと思っています(まあ、今のところは…)


ビジネス要素が強くなると予想する最大の理由は、「アマゾンには決済アカウントをすでに持っている会員が多数存在している」というところにあります。言ってみれば「お金を払う準備が整っている人が集まっている場所」それがアマゾンなのです。

そんなプラットフォーム上で無料コンテンツだけを配信するのは、起業家としてはタダのアホとしか思えません。アマゾンというプラットフォームの性質から考えると、AmazonビデオダイレクトはYouTubeのように広告収入を主軸とするものにはならないでしょう。

したがって、どちらかがどちらかをつぶし合うということにもならず、双方のコンセプトが明確になりながら共存していく形になるのではないかと思っています。


まあ個人的には、今後のAmazonビデオダイレクトはかなり面白くなりそうだな~と感じているので、新しい情報が入り次第また記事にしようと思います。