ここでは、日本の仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」のアカウント登録・本人確認書類提出・二段階認証設定の方法をそれぞれ解説していきます。

このサイトの解説を見ながら同じように作業をするだけで、Zaifのアカウントで仮想通貨取引を始めるにあたって必要になる初期設定はすべて完了させることができますので、ぜひ参考にしてみてください。


はじめにここで解説する内容をおおまかにまとめておくと、以下の通りになります。
①zaifのアカウント取得
②本人情報入力・SMS認証・本人確認書類の提出
③本人確認コードの入力
④二段階認証の設定

また、上記の作業をスムーズに進めるため、作業に入る前にあらかじめ「免許証などの本人確認書類の画像」を用意し、スマホアプリ「Google Authenticator」を事前にインストールしておくと便利です。


それでは、実際にアカウント作成手順から解説していきましょう。


①Zaifのアカウント取得


まずは以下から「Zaif」のサイトのトップページに入ります。

⇒Zaifのアカウント登録はこちら

トップページにアドレスを入力する欄がありますので、以下にならって自分のメールアドレスを入力し「無料登録へ」のボタンを押します。



すると登録したメールアドレス宛に「zaif メールアドレス確認」という件名のメールが届いていますので、そのメールに記載されたURLをクリックします。



クリックすると、次のような本登録の画面に移行します。「利用規約の同意」「重要事項説明の同意」それぞれにチェックを入れ、任意のパスワードを二箇所入力したら「同意して登録」をクリックします。


(パスワードの強度は50%を超えるようにしましょう)


これでアカウント取得自体は完了です。パスワードの入力まで終えると、今作成したアカウントにログインした状態でページが表示されます。


②本人情報入力・SMS認証・本人確認書類の提出


それでは、次にこのアカウントで制限なく入金や取引を行えるようにするために、本人確認等の作業に移りましょう。

まず、アカウントを作成してログインしたばかりの場合、表示されるページの上部に「本人確認が完了していません」という文が表示されています。ここの部分をクリックして下さい。



すると、ユーザー情報登録画面が表示されます。まずはSTEP1として、個人か法人かを選択し、その上で「自分の氏名・フリガナ・住所」を入力します。



入力を終えるとSTEP2に移行します。STEP2では、携帯電話番号を入力してSMS認証を行うことになります。まずは出てきた画面に携帯電話番号を入力し「次へ」を押します。



すると入力した電話番号宛にショートメッセージが届いていますので、そのメッセージに記載された6桁の数字を入力し「次へ」をクリックします。



SMS認証を終えると、最後のSTEP3に移ります。ここでは本人確認書類をアップロードすることになります。免許証やパスポートなど、自分で用意した書類の画像をアップロードしましょう。(本人確認書類に該当するものは、アップロード画面の上の「本人確認書類の例」から参照することができます)



これで、②の作業は終了です。このあとは本人確認書類の承認が降りるのを待つことになります。


③本人確認コードの入力


本人確認書類を提出し、その後Zaifによって本人確認審査が完了した場合、次のようなメールが届くことになります。



メールに記載されている通り、この後は3営業日以内に簡易書留郵便にて「本人確認コード」が記載されたハガキが郵送されることになります。ちなみにハガキは以下のようなものです。



ハガキが届いたら、ここに記載された本人確認コード(6桁の数字)を郵送確認画面の欄に入力します。



これで、郵送による本人確認まですべて完了ということになります。




④二段階認証の設定


最後に、二段階認証の設定を行っておきましょう。これはZaifに限らず、どこの仮想通貨取引所を利用するにあたってもセキュリティ上必ず設定しておくべき重要なものになります(この設定自体は③の前に施しても構いません)。

まず、アカウントのセキュリティという項目の「2段階認証」をクリックします。



すると以下のページが表示されます。冒頭で記載した「Google Authenticator」をインストールしたスマホを手元に用意した上で「2段階認証の設定を開始」をクリックします。



クリックすると、QRコードが表示されます。このQRコードに「Google Authenticatoriのカメラ」をかざすと、即コードが読み込まれてスマホに6桁の数字が表示されますので、その数字を入力して「確認」をクリックします。



正しく入力できていれば、画面に「2段階認証を有効化しました」という記述が表示されます。



これで、二段階認証設定は完了になります。

以上の設定を全て終えることにより、Zaifのアカウントを安全に、かつサービスや金額の制限なく、利用することができるようになります。