今回は、世界初の分散型仮想通貨取引所「Openledger(オープンレジャー)」の登録方法とバックアップの設定方法を解説していきます。


■【事前に用意しておくもの】
特にありません。

Openledgerは、それを管理する運営元がいない分散型取引所のため、本人確認書類等は必要ありません。

なお、Openledgerを使用する場合はブラウザを「Google Chrome」にすることをお勧めします。Chrome以外のブラウザでページに入った場合、以下のようなChromeでの使用を推奨する画面が表示されることがあります。



それでは早速、アカウント登録方法から説明していきましょう。


①アカウントの開設


まず、以下から「Openledger」のアカウント開設ページに入ります。

⇒Openledgerアカウント開設はこちら

以下のような画面が表示されますので「Create Account」ボタンをクリックします。



すると「Wallet model」と「Account model」、二つのタイプのうちどちらを作成するかを選択する画面に移ります。

「Wallet model」はセキュリティが強く安全性は高いですが、別のパソコンや別のブラウザで自分のアカウントにログインするには、バックアップファイルや秘密鍵をその都度入力する必要があります。つまり、その場合は若干の手間がかかるということになります。

「Acount model」はユーザーネームとパスワードがあれば、どのパソコンでもどのブラウザでもログインが可能です。どこでも素早くログインができますが、セキュリティ面では「Wallet model」よりは劣ります。

ここでは、より安全性の高い「Wallet model」を作成することにします。以下の画面の「USE THE WALLET MODEL」をクリックしてください。



すると、アカウントネームとパスワードを入力する画面が表示されます。それぞれ入力をして「CREATE ACCOUNT」ボタンをクリックします。



これでアカウントの作成自体は完了です。


②バックアップファイルのダウンロード


今作成した「Wallet model」では、別のブラウザや別のパソコンで使用する場合には、次の二つのうちどちらかが必要になります。

・あらかじめ作成したバックアップファイルをアップロードする
・あらかじめ作成した秘密鍵(Brainkey)を入力する

この二つのうちどちらかがなければ、別のパソコンや別のブラウザ上で今作成したアカウントにログインすることはできません(逆に、パソコンもブラウザも同じであれば、Cookieを削除しない限りは何のアップロードも入力も必要ありません)。

なので、アカウントの開設が終わったら、まずはこの二つの作成をしておきましょう。


アカウント作成が終わると、次に「Wallet model」のバックアップファイルを作成する画面に移りますので、出てきた画面の「Create Backup now」をクリックします。



そして次に表示される「Download」ボタンをクリックします。



これで、自分のパソコンにバックアップファイルがダウンロードされ、以下の画面に移ることになります。



今ダウンロードしたファイルは、別のブラウザでログインする際の一つの手段として必要になってきますので、わかるところに保管しておきましょう。


③秘密鍵(Brainkey)の作成


それでは次に、アカウントの秘密鍵となる「Brainkey」を作成しましょう。まずはログイン画面の右上の歯車のマークをクリックし、そこに表示される「SETTINGS」をクリックします。



すると以下のページが表示されますので、画面の通りに選択・入力をしてください。



① ページの左サイドバーにある「Buckup」をクリック
②「Create brainkey backup」を選択
③ 先ほど作成したパスワードを入力
④「SHOW BRAINKEY」ボタンをクリック

(※ちなみに②は「Create local wallet backup」を設定すると、先ほどダウンロードしたバックアップファイルをもう一度ダウンロードできることになります)


次に16個の単語からなるBrainkeyが表示されますので、これを紙に書き留めておきましょう。書き留めたら「I’VE WRITTEN IT DOWN」をクリックします。



これで、Brainkeyの作成も完了になります。書き留めた紙は大事に保管しておいてください。


④別のパソコンやブラウザ上でログイン


次に、今作成したバックアップファイルやBrainkeyを使って、別のブラウザでログインする方法を説明します。

まず、アカウント開設ページに入り「Login」ボタンをクリックします。



すると次の画面が表示されます。上の項目は「Wallet Model」を選択し、以下の部分からバックアップファイルをアップロードします。



アップロードをすると、そこでパスワードの入力が求められます。入力をすませるとログインすることができます。

また、Brainkeyを使ってログインする場合は、先ほどの画面の「RESTORE EITH BRAINKEY」をクリックします。



そして出てきた画面に「パスワード」「Brainkey」をそれぞれ入力し「CREATE NEW LOCAL WALLET」ボタンをクリックすると、ログインすることができます。




以上が、アカウント開設方法とバックアップの設定方法になります。