今回は、イーサリアムベースの仮想通貨を保管できる「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」の入金・送金方法等の使い方を解説します。


今回の目次は以下の通りです。

●MyEtherWalletへの入金方法(保管方法)
●MyEtherWalletからの送金方法
●送金の際の「ガスリミット」と「ガス価格」

※なお、使い方の前提となる「マイイーサウォレット作成方法」については以下の記事にまとめていますので、まだ作成をしていない場合はまずは以下の記事を参考にして下さい。

⇒マイイーサウォレットの作り方とメタマスクとの連携方法

上記記事では、ウォレットを利用する意義やその作り方・メタマスクと連携してより安全に利用する方法などを、画像付きでわかりやすく解説しています。



それでは早速、MyEtherWalletの使い方を解説していきましょう。


MyEtherWalletへの入金方法(保管方法)


ウォレットを作成したら、まずページ上部の「お財布情報を見る」を選択します。すると以下のような画面が表示されます。


上の赤枠で囲った部分が、マイイーサウォレットのアドレスになります。仮想通貨をマイイーサウォレットに入れて保管したい場合は、各取引所や外部のウォレットから、このアドレス宛に送金をすることになります。

また、青で囲った箇所が、このウォレットに入っているイーサリアムの残高です。ウォレットを作成したばかりの段階では、当然「0ETH」となっているはずです。

そして緑で囲った部分の「Show All Tokens」を押すと、イーサリアム以外の「トークン」の種類が表示されます。実際に押してみると、次のように表示されます。


この欄を見ることで、この「ウォレットに保管できるトークンの種類」や「各トークンの残高」を確認することができます(下にスクロールすると、本当に様々な種類のトークンを保管できることがわかると思います)。

なお、イーサリアムを入金する場合も、その他のトークンを入金する場合も、使用するアドレスは変わりません。先ほど表示したアドレス一つで、どちらを入金することも可能です。


MyEtherWalletからの送金方法


マイイーサウォレットに保管している仮想通貨を外部に送金したい場合は、ページ上部の「Ether/トークンの送出」をクリックします。すると以下の画面が表示されます。


この画面から送金の操作をしていきます。

①送金先のアドレスを入力します
②送金する通貨の種類を選択します
③送金する通貨の量を入力します
④ガスリミットは通常はデフォルトのままでOKです

※④のガスリミットとは、送金にかかる燃料代(手数料)だと思ってください。この手数料はウォレット内のイーサリアムで支払うことになります。このガスについてはこの後詳細に説明しますが、通常は表示されている数字のままでOKです。


全てを入力・選択して「トランザクションを生成」をクリックすると、下に「トランザクションを送出」という新たな画面が出現しますので、そのボタンをクリックします。


次に、以下の確認画面が表示されますので「はい、確かです。処理を実行します」のボタンを押します。


最後に、メタマスクと連携している場合は次のような小さい画面が表示されます。この画面の「SUBMIT」をクリックしてください。


これで、送金のための操作は完了になります。


送金の際の「ガスリミット」と「ガス価格」


ではここで、送金の際に触れた「ガス」について、もう詳しく説明しておきます。

先ほど少し説明したように、ここでのガスとは、送金に必要な「燃料(エネルギー値)」のことです。この燃料を使うのにも若干のお金がかかるので、”送金の際に別途料金が発生する”という意味では「手数料」と考えるとわかりやすいと思います。


先ほどのMyEtherWalletの画面を確認すると、ガスリミットとは別に、右上にガス価格という欄が確認できると思います。


「ガスリミット」というのは、送金の際に使うガス量の最大値のことです。送金するトークンの種類を選択すると、それに合わせてガスリミットの値も自動で調整されるので、ここの値は基本的には自分でいじる必要はありません。

例外的に、ICOに参加する時などは、設定すべきガスリミットが事前に提示されることがあります。その場合は、手動でその値を入力すればOKです。


一方「ガス価格」とは、1ガスのあたりの料金のことで、単位は「Gwei」であわらします。「1Gwei=〇〇ETH」という形で、その時の相場で料金は決まります。上の画面では「41Gwei」に設定されていますね。

当然この単価を高くして「60Gwei」などに設定すると、送金にかかる全体の手数料も高くなります。この単価を高くすることで、送金のスピード(処理速度)を高めることができるため、スピード重視のICOに参加する時などは、単価を高く設定しておくといいです。

ただし、ICOによってはガス価格も指定されることがありますので、その場合はそれに従ってガス価格を設定して下さい。


要するに「ガス」とは、送金に必要な燃料代(手数料)のことで、その手数料は「ガスリミット」と「ガス価格」の値で決定され、それを送金の際にETHで支払うことになるのです。


そしてこの手数料は、次のような計算式で示すことができます。

手数料(ETH)=「ガスリミット」×「ガス価格(Gwei)」× 0.000000001


したがって、例えば「ガスリミットを21000/ガス価格を20Gwei」に設定して送金した際の手数料は、

21000 × 20 × 0.000000001 = 0.00042ETH
ということになります。