今回は、日本の仮想通貨取引所の中でビットコイン取引量が日本一と言われている「bitFlyer(ビットフライヤー)」のアカウント登録・口座開設方法を解説していきます。

ビットフライヤーのアカウントには「ウォレットクラス」「トレードクラス」という二つのアカウントクラスが存在します。



上記を見ればわかる通り、ビットフライヤーでは、アカウントクラスに応じて利用できるサービスに制限が付けられたり、使用できる金額に上限があったりします。

アカウントを作成した初期の段階ではウォレットクラスからのスタートになるので、サービスや金額の制限なく自由に取引を行うためには、自分のアカウントをトレードクラスにアップグレードする必要があるということになります。

アカウントをトレードクラスにするためには以下の全てが必要になります。個人名義でビットフライヤーのアカウントを取得する場合は、
●本人情報(氏名や住所など)の登録
●本人確認資料(免許証等・IDセルフィー)の提出
●取引目的の確認
●転送不要の書留郵便の受け取り

上記の本人確認手続きが全て終了すると、アカウントをトレードクラスにアップグレードすることができます。


それでは、以下ではアカウントの作成からトレードクラスへのアップロードまでの手順をわかりやすく解説していきます。

ちなみに、アカウントのアップグレードに際しては、事前に以下のものを用意しておくと作業がスムーズに進行します。

A. 本人確認書類(運転免許証などを写した画像)
B. 本人確認書類と自分の顔の両方が写った画像(IDセルフィー)
C. スマートフォンアプリ「Google Authenticator」

※Cはあらかじめスマホにインストールしておきましょう。このアプリは仮想通貨取引所のアカウント作成や実際の取引の際の必須アイテムになります。

それでは、口座開設手順の解説に移りましょう。


①ビットフライヤーのアカウント取得


まずは以下から「ビットフライヤー」のサイトに入ります。

⇒ビットフライヤーのアカウント登録はこちら

するとサイトのトップページが表示されますので、以下で記した欄に自分のメールアドレスを入力し「アカウント作成」をクリックします。



※なお、初回パスワードに関してはアドレス入力直後に届くメールに記載されています。


アドレスを入力すると、次の画面が表示されます。



「ご登録のアドレスに確認メールを送りました」とありますので、メールボックスを確認してみてください。「bitFlyer アカウント登録確認メール」という件名のメールが届いているはずです。

そのメール内の以下のURLをクリックします(また、その下のキーワードをコピーして先ほどの欄に入力してもOKです)。



すると「ご登録いただきありがとうございます」と書かれた以下の画面が表示されます。この画面に表示されたチェック欄全てにチェックを入れて「bitFlyerをはじめる」をクリックします。



これで、アカウントの取得は完了し、以下のように自分のアカウントでログインしている画面に移行します。



上記画面の右側を見ればわかる通り、今はまだアカウントが「ウォレットクラス」になっています。これを「トレードクラス」にアップグレードするためには、右側の項目を一つずつ入力・確認していく必要があります。

基本的に画面に表示される案内に従って作業をすれば問題ないですが、以下では順番に画像付きで解説しておきます。


②本人情報の登録


まずは本人情報の登録からです。

右の「未入力」というボタンをクリックすると、次の画面に切り替わりますので、ここから「姓名・性別・生年月日・住所・電話番号」等を入力します。全て入力したら「登録情報を確認する」をクリックしてください。



入力事項の確認を終えると、先ほど「未入力」となっていた欄が「入力済み」という緑色の表記に変わっています。このような手順で一つずつ登録していくことになります。

では次に、本人確認資料の提出に移りましょう。


③本人確認資料の提出


ここでは、免許証などの「本人確認資料」をアップロードすることになります。



画面に記載された指示に従って表・裏それぞれをアップロードしてください。アップロードを終えると「未提出」となっていた赤いボタンが「承認待ち」という黄色いボタンに変わります。

アップロード後は、後日ビットフライヤーからの承認が降りるまで待つということになります。


④取引目的等の確認


次に取引目的等の確認に移ります。

ここでは、以下のような画面から「外国の重要な公人・親族かどうか」「職業」「取引目的」を選択する形式になっています。選択をしたら「入力する」をクリックしてください。



これだけで取引目的等の確認は終了です。


ここまでで、取引時確認の項目の作業は全て終了となります。この段階で、画面右側のアカウント情報の「取引時確認」の欄は以下のようになっているはずです。


(ちなみに一番下の「転送不要書留郵便のお受取」の欄はクリックできません。本人確認資料の承認がおり次第、自動的に色が変わって郵送がなされます)


では、本人確認資料の承認が降りるまでに、その下の項目も埋めておきましょう。

・「携帯電話認証」
・「銀行口座情報確認」
・「IDセルフィー」

それぞれについて解説しておきます(Facebook連携についてはここでは割愛します)。


⑥携帯電話認証


携帯電話認証の「未入力」のボタンをクリックすると、以下のように電話番号でSMS認証が求められる画面が表示されます。画面の指示に従って電話番号を入力し「携帯電話認証をする」をクリックします。



すると、次の画面に切り替わります。そして数秒後に電話番号宛にテキストメッセージが届きますので、そこに表示された6桁の数字を新しく出てきた画面の入力欄に入れください。



これで、携帯電話認証は終了になります。


⑦銀行口座情報確認


続いて、入金・出金に使用するための銀行口座情報の確認に移ります。

「未登録」の部分をクリックすると、次のように銀行口座情報を入力する画面が出てきます。「銀行名・支店名・種類・口座番号・口座名義」を誤りなく入力して下さい。




⑧IDセルフィー


続いてIDセルフィーのアップロードを行います。

「未提出」をクリックすると以下の画面に移りますので、まずはアップロードする前に表示された注意事項を全て確認してください。



あらかじめ用意したIDセルフィーが、全ての条件を満たしていることを確認した上でアップロードを行いましょう。


⑨二段階認証


最後に、二段階認証の設定を行います。この設定はアカウントのセキュリティを強化する上で非常に重要な作業になりますので必ず設定を行いましょう。

二段階認証の「未設定」の部分をクリックすると以下の画面に移りますので、「二段階認証を変更する」をクリックします(下の画面はすでに一度二段階認証を有効にしてありますが、初期段階では未設定のはずです)



クリックすると、以下の画面が表示され「登録されたメールアドレスに確認コードを送信しました」と出ます。



画面をそのままにして、メールボックスを確認しましょう。「bitFlyer 二段階認証確認コード通通知」という件名のメールが届いていますので、そのメールの確認コードをコピーします。



そしてコピーした確認コードを先ほどの画面に貼り付け、「次へ」をクリックします。



出てきた画面の上の「認証アプリを使う」にチェックを入れ、下は「ログイン時」「外部アドレス登録時」「日本円出金時」全てにチェックを入れましょう。そして「次へ」をクリックします。



そうすると、画面にQRコードが表示されます。あらかじめインストールしていた「Google Authenticatori」を起動し、そのカメラをQRコードにかざすと、すぐにコードが読み込まれてスマホに6桁の数字が表示されます。その数字を入力し「二段階認証を設定する」をクリックします。


(QRコードの下にあるコードはバックアップ用として紙に書き留めておきましょう)

これで、二段階設定完了になります。

以後、アカウントにログインしたり、コインを別の取引所に送金したり、日本円を入出金する際には、このアプリ上にリアルタイムで表示された6桁の数字の入力が必要になります。


以上で、ビットフライヤーのアカウント取得からトレードクラスへのアップグレードまでの作業はすべて終了になります。あとは、

・「本人確認資料の承認がおりる」
・「登録した住所宛にハガキが郵送される」

この二つを順番に待てばいいだけです(全てが完了するのに数日かかることになります)

なお、ハガキが郵送された後は何か作業をする必要はありません。ハガキの受け取りを持って全ての作業が終了し、このアカウントを制限なく使用することができます。


それでは、ここまでで口座開設を終えたら、次は早速、今作成したアカウントに日本円の入金する作業に移っていきましょう。

⇒ビットフライヤーの日本円入金方法と注意点はこちら